• 記事画像
  • 2016/04/14

    プレ花嫁さんの豆知識♡ペーパーアイテムってなに?

招待状や席札、メニュー表など、おもてなしの心を込めたペーパーアイテムは、自分で手作りする人も。
おもてなしの心が伝わるとっておきのアイテムを用意しましょ♪
早速ペーパーアイテムの種類をご紹介します。

▶招待状


まずは何と言っても招待状。ゲストをお招きする大事なアイテムです。
ゲストの手元に残るものなので、センスの見せどころ。
会場のプラン内に含まれたものでも良いけれど、世界に1つだけのオリジナルウェディングを叶えるために、素材やデザインなどにこだわって、専門ショップにオーダーメイドしてみたり、手作り素材などを使って手作りするのも、作るプロセス自体が素敵な思い出になるのでおすすめです。


招待状完成までの道のり
【挙式4カ月前までに】

まずは招待する人を決めて。住所録作成します。
招待状は手作りにするか、オーダーにするかも決めましょう。

招待状を送るゲストと、招待状の内容を決める

下刷り校正・印刷。完成品の受け取り

【挙式2カ月前までに】 宛名書きからポスト投函まで


用意するもの
・招待状本体
・封筒
・封筒を閉じるシール
・慶事用切手
・返信用はがき


招待状必須項目
・時候のあいさつ
・披露宴の日時・場所の案内
・ふたりの氏名
・ゲストの氏名
・出欠返事の締め切り日
・会場への地図
・二次会の案内


その他、遠方から来てもらうゲストには交通案内や観光マップなどを添えるなど、ゲストに合わせた心配りを。

▶席次・メニュー表・席札

席次表はゲストの名前を記載した披露宴会場の座席表のこと。
当日出される料理やレシピを書いた「メニュー表」や、ゲストが迷わず自分の席につけるよう、テーブルに氏名を記した「席札」など、テーブルで見てもらうものは全体でコーディネートするとオシャレに。

席次表の定番のスタイルは、ゲストの名前や新郎新婦との関係を記したもの。
初対面のゲスト同士でも会話が弾むよう、肩書以外にゲスト一人一人の紹介コメントを添えたりするカップルも。
何種類も用意するのが躊躇われるなら、メニュー表とプロフィール表を一緒にしてしまうカップルも多いようですよ。


完成までの道のり
【挙式2カ月前までに】
手作りするか、オーダーするか制作方法を決めます。

メニュー・ゲストが決まり次第、制作開始。オーダーならデザインを決めて発注。

【挙式2週間前までに】 下刷り校正、印刷。オーダーで手書きメッセージを添えるなら、仕上がったものを早めに受け取りに行って。

▶結婚しましたハガキ

お式の後には、結婚報告ハガキを送りましょう。
結婚のお知らせと新居案内を兼ねたものですが、式に来てくれた人には感謝の気持ちを込めて、式に来れなかった人には当日の様子を知ってもらえるよう、写真と一緒にメッセージを。
結婚式でのお気に入りの1枚を選び、写真が映えるデザインで仕上げましょう。
タイミングが合うなら、年賀状や暑中見舞いと兼ねてもOKです。


完成までの道のり
【挙式1ヶ月後を目安に】

結婚式当日の写真の出来上がり。報告はがきに使う1枚を決めます。

手作りなら早速制作開始。オーダーならデザインを決めて発注します。

【挙式2か月後までに】宛名書き&ポストに投函


結婚報告ハガキ必須項目
・ふたりの写真(前撮り写真or挙式当日の写真)
・ふたりの氏名
・新居の住所
・連絡先

いかがでしたか?

最近は、とってもオシャレなデザインでオーダーできたり、無料のテンプレート素材などもたくさんあり、手作りも簡単にできるようになっています!

大人数でのパーティーを予定している方は、一番大変かもしれませんが、その時間もぜひ楽しんでくださいね。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

関連キーワード