• 記事画像
  • 2016/04/19

    どうする?パーティースタイルの種類

挙式後に計画したいのがパーティーですよえね。
挙式はしないけど、お世話になった人たちと思い出に残るパーティーがしたいという人も多いようです。
そんなパーティースタイルにも、いろいろな種類があります。
ここでは、基本のパーティースタイルをご紹介します。

▶会費制パーティー


気のおけない仲間たちと、よりカジュアルな雰囲気で盛り上がりたいなら、ご祝儀をもらわずに会費制で行うパーティーがおすすめ。費用も抑えられて、海外・国内リゾート挙式後の地元でのお披露目会や1.5次会などで取り入れるカップルも増えています。
最初から収支がわかって安心。ゲストにも気軽に参加してもらえます。
二次会に近い雰囲気のホームパーティー風ビュッフェスタイルから、正統派披露宴のようなしっかりとしたおもてなしができる着席スタイルなど、演出の内容によって様々なパーティーができます。

▶2部制パーティー


一つの会場を使って、同じ日に1部と2部、2回の披露宴を行うスタイル。
1部は親族を中心に改まった席を、2部は友人とにぎやかになど、ゲストに合わせたおもてなしや演出ができるので人気のスタイル。
格式を重んじる親族にも納得してもらえて、自分たちらしいオリジナリティあふれるパーティーも叶えられます。大人数にも対応できるのも魅力ですよね。

▶披露宴パーティー


親族や友人、会社の人などが一堂に会する通常の披露宴です。
カジュアルさは控えめに、よりかしこまったスタイルではありますが、ふたりのお披露目と今後のお付き合いをお願いする場としてきちんとした席を設けたいならこちら。
ゲストは祝福の気持ちをご祝儀にして渡します。

▶1.5次会パーティー


近年注目されている新しいウエディングスタイル。
披露宴ほどかしこまらず、2次会ほど砕けていないパーティーのこと。
会費制にしたり、2部制の公判を1.5次会にしたりと、決まった形式は特にありません。
ゲストの顔ぶれはもちろん、着席やビュッフェといった食事形式や、ご祝儀制・会費制等にいたるまで、ふたりの希望や予算にあった結婚式が自由にプランニングできます。
身内だけの挙式を予定しているなら、後日職場の人や友人をメインにお披露目会として1.5次会・パーティ婚をするというのもおすすめ。

▶帰国後パーティー


海外ウエディングをしたカップルが、日本に戻ってきてから開く結婚報告パーティーです。
そのスタイルも多種多様ですが、挙式ほどフォーマルではないけれど、2次会ほどカジュアルではない、1.5次会のスタイルが多いようです。
海外での挙式写真や映像を披露すれば、現地に来られなかったゲストにも楽しんでもらうことができ、ふたりが希望するパーティイメージや予算に合わせて演出できるのが魅力です。
帰国後パーティーを予定しているなら、ドレスは購入してしまうのもおすすめ。
挙式の時に現地でレンタルして、パーティーでもレンタルするとなると、購入した方が費用を抑えられることも多いですよ。

いかがでしたか?

おふたりのイメージと、招待するゲストに合わせて検討してみてくださいね♪


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

関連キーワード