• 記事画像
  • 2016/06/13

    「ブライズメイド」とは? お揃いのドレスで結婚式の格式UP ?!

最近では日本でも見かける華やかなブライズメイド♡
海外の習慣を学んであなたらしい素敵なブライズメイドを演出してみませんか?

ブライズメイド(bride’s maid)とは?

アメリカやヨーロッパの結婚式では一般的な演出で、お揃いのドレスやブーケを身に纏い、花嫁の付添人・立会人として結婚式で花嫁の側にに立ち、挙式進行も担う女性達のことを指します。
主に花嫁の友達・姉妹・親族の中で未婚の女性が務めることが多いようです。2~5名程度が一般的で結婚式に花を添えます。人数が多いほどその挙式のステイタスが高いとも言われています。


ブライズメイドの中でも中心的な役割を担う女性をメイド・オブ・オーナーと呼び、既婚者の場合はマトロン・オブ・オーナーと呼ばれます。
ブライズメイド同様に、花婿をサポートする男性達のことをアッシャーと呼びます。正式名称はグルームズマンでブライズメイドと人数を合わせます。リーダーにあたる男性はベストマンと呼ばれます。

ブライズメイドの起源

中世に遡り、この時代のヨーロッパやアメリカでは、結婚式の場には花嫁の幸せをねたむ悪魔が寄ってくると信じられていました。
魂を奪いにくる悪魔から花嫁を守る為に、未婚の姉妹や友人達が花嫁と同じような衣装を着て付き添い、誰が花嫁なのかをわからないようにして悪魔の目を惑わすという風習がブライズメイドの始まりだと言われています。


ドイツ(ミュンヘン)のフラウエン教会に“悪魔の足跡”も残っているので、悪魔は本当に存在したのかも?しれませんね。
それにしても悪魔の目を欺く為に危険をかえりみず、結婚式に参列するというところは、深い友情や愛情を感じる言い伝えです。現在では、花嫁と花婿のサポート役として様々なお手伝いをすることで祝福の気持ちを伝える形の一つとして受け継がれています。

ブライズメイドの役割(結婚式まで)

日本とは異なり、海外では結婚式の準備は全て自身で行うことが一般的なようです。そこで多忙な花嫁を手伝う役割(日本でいうブライダルプランナーの役割)をブライズメイドが担い、式の準備や手配・ドレス選びなど様々な面で新婦をサポートし、新しくスタートする幸せな人生へ送り出します。


また、ブライズメイドは“ブライダルシャワー”(bridal shower)と呼ばれる女性だけが集まり花嫁を祝福する、婚前祝いパーティーを企画します。(結婚式の2カ月前から2週間前が一般的)
男性側では、アッシャーが企画する“バチェラーパーティー”(bachelor Party)というものがあり、結婚式の前日に花婿が友人や兄弟と過ごし、独身最後のパーティーを楽しみます。

結婚式当日の役割

挙式当日は、全体を通して新婦のベールやドレスの裾を直すなど身の回りのお世話をします。
ハワイでは新婦のヘアメイクや着替えの間も近くで見守り、鏡を見せたりドレスのリボンを直したりとお手伝いをして、新婦とともにファーストミートセレモニーに向かう姿をよく目にします。


挙式では、まずアッシャーがバージンロードを敷き、司式者・花婿・アッシャーが位置に付き準備が整ったところで挙式が開始されます。
次にブライズメイドが花嫁に先立ち一人ずつ入場し、花嫁入場へと続きます。
挙式が進み、指輪の交換の際には、ブライズメイドが花嫁のブーケや指輪を預かったり、結婚証明書署名の際、2人が永遠の愛を誓った瞬間の証人として新郎新婦の横に並ぶなど、式進行の重要な役割を担います。
最後は、2人の幸せオーラに包まれた会場からアッシャーがブライズメイドをエスコートして一緒に退場します。


海外ドラマのようでとってもロマンチックですね。新たな幸せの連鎖が始まる瞬間になるかもしれません♡

衣装選び

結婚式のテーマカラーに合わせてお揃いのドレスを選びます。新郎新婦の衣装や会場の雰囲気・テーブルセッティングなども含めてトータルにコーディネートされていると、より素敵に引き立ちます。
同じ色で違うデザインやデザインは同じで色違いのドレス、ブーケや靴を色違いでカラフルになど、統一感の中にアクセントをつけるのも少し高度なコーディネートでお洒落ですね。


日本では、可愛らしいピンクが主流ですが、幸せを運ぶイエローも上品で素敵です。他にも結婚式に花嫁が身に着けていると幸せになれるというジンクスがあるSomething Blueにちなんでスカイブルーのドレスも大人可愛い演出に仕上がりますよ♡


ハワイの伝統でもあるアロハ柄やグラデーション・ストライプのドレスなどもインパクトがあって、記憶に残るブライズメイドになるかもしれません。


いかがでしたか?


ブライズメイドのお揃いのドレスに、サングラスやパラソルなどの小物やお洒落なポーズを加えて素敵な写真を残したい!

そんなあなたはAFLOAT Hawaii photoにお問い合わせください♡


>>AFLOAT Hawaii Photo


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

関連キーワード