• 記事画像
  • 2014/02/03

    ニキビを治すには?

大人になっても意外と悩むことの多いニキビのケア方法をご紹介します。

ニキビとは

そもそも「ニキビ」とはいったい何でしょう?
正式名称を尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)と言い、毛穴で細菌と皮脂の作用によって炎症が起きることを指します。

ニキビは毛穴の詰まりが原因でできます。毛穴に皮脂が詰まると、その中に剥がれた皮膚の細胞などが溜まって細菌が繁殖するとニキビになるのです。
また、アルコールの摂り過ぎや過度なストレス、ホルモンバランスが不安定であったりするとニキビができやすくなる原因ともなるそうです。

ニキビの色と状態

★白ニキビ
毛穴に詰まった皮脂が皮膚の内側に溜まっている状態です

★黒ニキビ
白ニキビが破れて、空気に触れた部分が黒くなった状態です。

★赤ニキビ
ニキビの奥でアクネ菌と呼ばれる細菌が増殖して、炎症が広がった状態です。
黄色い膿がたまったり炎症が破れて広がったりして跡が残ることもあります。

ニキビの簡単ケア方法

①洗顔をしすぎない
基本的には、朝と晩だけの洗顔でOKです。
洗いすぎると、肌が乾燥するので皮脂が出やすくなります。

②清潔に洗う
ニキビが出来た部位を低刺激の石けんで洗います。
強い石鹸や洗いすぎは有用な細菌まで殺してしまったりするので避けましょう。

③保湿をしっかり行う
肌の乾燥は、皮脂が出やすくなりますから注意が必要です。
化粧水を使って、マメに保湿をしましょう。

④ビタミンを摂る
新陳代謝を促し抵抗力を高めるビタミンB群や、
抗酸化作用のあるビタミンCなどはニキビの悪化や再発を防止しますので積極的に摂取しましょう。

おわりに

日頃からスキンケアを行ったり、食べ物や生活に気を付けることでニキビは出にくくなります。

毎日のケアをしっかりと行うようにしてニキビ知らずのキレイな素肌を手に入れましょう♪


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

関連キーワード