• 記事画像
  • 2013/11/25

    そのヘアケア方法は間違いかも!?正しいヘアケアのやり方3ステップ

そのヘアケア方法は間違いかも!?正しいヘアケアのやり方3ステップ

はじめに

髪の毛はその人の印象を大きく左右する大事なパーツです。たとえメイクがバッチリ決まっていても髪がボサボサだと台無しになってしまいます。
見る人に良い印象を与えてくれる髪の毛にするのは難しいことではありません。「正しいヘアケア」を行うことで髪はもっと綺麗に輝きます。
ここでは印象をグッとアップさせる「正しいヘアケア」をご紹介します。

選ぶ前に知っておきたい基礎知識

◇シャンプー◇

シャンプーの大きな目的は汚れを落とすことですが、ただ単に皮脂や垢を落としているだけではありません。たとえば髪のダメージとなる成分を取り除いたり、また同時に髪に必要なたんぱく質の流出を防いでくれます。
最近よくノンシリコンのシャンプーをお店で見かけますが、一概にノンシリコンがいい、シリコンが悪いと言えるものではありません。
シャンプーに入っている成分の良し悪しで選ぶよりも、自分の髪に合うかどうかが最も重要なポイントです。正しい処置と知識があれば、健やかな髪を維持することが出来ます。


◇コンディショナー◇

シャンプーで汚れを落とした髪の毛の表面に、皮膜を作ってすべりをよくし、キューティクルを整えてくれるのがコンディショナーです。髪のきしみを防いで、手触りをよくすることを目的としています。
コンディショナーに含まれる成分が髪の表面をカバーするので、髪の水分の蒸発を防ぎ、保湿としても優れた効果を発揮します。


◇トリートメント◇

トリートメントは、髪の毛内部に成分が浸透し、油分や水分を補って髪の状態を内側から整える働きをします。髪の毛にツヤやハリを与えてしなやかに保つなど、傷んだ髪を修復することを目的としています。
洗い流すもの(インバス)、洗い流さないもの(アウトバス)など、種類によって得られる効果も様々です。自分の髪の質感や悩みに合ったものを選ぶことが重要です。

正しいヘアケアのやり方3ステップ

◇STEP1:シリコンとノンシリコンのうち自分に合う方を選ぶ◇

シリコンとノンシリコン、それぞれのメリット・デメリットを知ることが自分に合ったシャンプー探しの第1歩です。
「髪が細くボリュームがない方」や「髪は短いほうで、洗い上がりはサッパリ派な方」は髪がペタンコになりにくく、軽い仕上りになるノンシリコンタイプがおススメです。
「ヘアアイロンやコテをよく使うため枝毛や切れ毛が気になる方」や「髪は長いほうで洗い上がりはしっとり派な方」は広がりやすい髪をしっかりまとめ、ドライヤーの熱から髪を守るシリコンタイプがおススメです。


◇STEP2:ヘアケアの効果的な順番と差が付くひと手間を知る◇

毎日のヘアケアでは
1:シャンプーは髪の汚れを「落とす」
2:コンディショナーは髪に「潤いを与える」
3:トリートメントは髪の「潤いを閉じ込める」
というそれぞれが持つ効果と目的を意識しながら、上のように適切な順番で処方することが大切です。
特にコンディショナーからトリートメントにかけては傷みやすい毛先をいたわる「ひと手間」を大切にしましょう。「使用前に髪の水気を十分に切る」「髪の毛1本1本をいたわるようにもみこむ」「毛先はしっかりなじませる」などの手間から美しい髪は生まれます。
またトリートメントは洗い流すタイプと洗い流さないタイプを併用することでより良い仕上がりを手に入れることが出来ます。
美しい髪のためにも、「もうひと手間」の4ステップを継続的に処方することをおススメします。


◇STEP3:丁寧に乾かす◇

きっちりヘアケアを行っても自然乾燥では髪が傷みます。まずはタオルドライでこすらず、そっと包むようにしてやさしく水気を取り除きます。
その後ドライヤーを使います。髪は熱に弱いのでやさしく乾燥させましょう。雑菌の繁殖を防ぐため、手ぐしを通しながら頭皮を乾燥させることがポイントです。また襟足から耳の後ろ部分にかけてもしっかり乾かしましょう。髪がへたりにくくなります。
仕上げに髪の毛の根元から毛先へとドライヤーの風をあてていきます。こうすることによってキューティクルの流れが整えられ、髪にツヤが出ます。

注意点・アドバイス

シリコンが入っているシャンプーが悪いというわけではない
前述したように、シリコンは髪や地肌に悪い物質ではありません。むしろ成分としては非常に安全性の高いものです。シリコンのメリット、ノンシリコンのメリットのどちらが自分の髪に必要とされているのかを考えることが大切です。
色々試してご自身にピッタリなヘアケアアイテムを探してみてください。

おわりに

ヘアケアに必要なことは「自分の髪を知ること」「正しい知識と手順を踏むこと」「ひと手間かけた丁寧な処方」です。
今回ご紹介したポイントを実践すれば、ちょっとした工夫がご自身の髪をさらに美しく、さらに輝かしい仕上がりにすることでしょう。髪が変われば印象はグッとアップします。
この機会にヘアケアを見直してみませんか?是非お試しください。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

関連記事

関連キーワード